So-net無料ブログ作成
検索選択
突発性難聴 ブログトップ

エンジン音の耳鳴りを耳鼻科で突発性難聴と診断された例の疑念って? [突発性難聴]



isi.jpg



左耳だけ聞こえが悪くバイクエンジン音のような耳鳴りがしていた方の体験です。
耳鼻科に行くと「突発性難聴」と診断されています。安静が必要だと言われます。



レチコランやアデホスコーワなどの薬を処方されましたが、全く治りません。
こんな体験をされている方は多くおられます。突発性難聴の誤解されている面を
今回はご紹介したいと思います。




◆突発性難聴とは?ひとくくりにされている?



突発性難聴は突然に起こる聴力の低下です。先ほどの経験談にもありました通り
片耳に症状が表れるのが特徴と言えます。発症と治癒を何度も繰り返さないことが
定義づけされているようです。



ただ軽い聴力低下も「突発性難聴」と診断されることもあり、かなり適当です。
酷いのは、耳鳴りがする、閉塞感がある、聴こえづらい、これだけでそう診断される
ことがあるようです。



そういう意味では診断もあてにならず、少し慎重になる必要があります。
間違いのもととなるのは、症状があくまで感覚的なものだからです。



耳が詰まった感じがする、聴こえづらい・・・これが人によっては違う症状によって
説明されることもあります。そうなんです、すべて感覚だったりします。



それをひとくくりにして「突発性難聴」と診断される感じがしてなりません。
上の体験談のように、ステロイドしか治療法を持ち合わせていない病院もあります。

※日が浅い場合はステロイド治療は効果的かも。




◆曖昧な治療をする病院が多いが、あきらめる必要はない



r3.jpg



問題は治療法が一つであったり、原因不明だと言いながらお薬は出すなどの曖昧な
病院が多いという点です。誰でも決まったパターンになっているということです。



不明であるのにお薬を出すのはなぜ?気休めでしょうか?患者さんが何もしないと
不満そうだからですか?一か八か効くかもしれないと思い、出すのでしょうか?



私がこんなこと言うのは、病院で言われたまま治療した方が悪化の一途を辿ったり
もうダメだと言われたのに、回復したケースを知っているからです。



突発性難聴であったとしも全くあきらめる必要はありません。2週間が過ぎようが
聴神経が死んでいるからとか、補聴器を使ってください、と言われようが完治した
人を知っています。それもたくさんです。>>簡単なストレッチ<<で治ってしまうんですね。




ただご自分で徹底的に調べたい方もおられるでしょう。ご自分が納得できなければ
次へすすめませんもんね。病院で診てもらうことは正しいことなので、納得いくまで
診ていただくことができます。



それで良くなるにこしたことはありません。
もしそれでいて、全く治る気配がなく絶望の一途をたどっているのであれば
どうぞ耳鳴りの原因と治療法について書いた記事を参考にしてみてください。



>>モーター音の耳鳴りの原因は?誰も教えてくれなかったホントの理由は?<<






突発性難聴 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。