So-net無料ブログ作成
モーター音の原因 ブログトップ

耳鼻科で低音耳鳴りをストレスと言われた。本当?ウソ? [モーター音の原因]




耳鳴りはストレス。低音系の耳鳴りを耳鼻科に行ってこう言われた方は多いです。
ある方はそれを聞いて「曖昧にも程がある」と語っていました。確かにストレスは
幅広く、原因を突き止めにくいのでわかりにくいですよね。


今回はストレスって原因は本当なのか、どうか調査してみました。




k.jpg




◆耳鳴りの原因はストレスは大アリ



耳鳴りをひとくくりに「ストレス」とされても困る・・そう誰もが感じますが、実際
耳鼻科が言っていることはかなり正しいです。他の記事でも書きましたが、現在は
他の病気でのこのストレスが原因で悪化する方が非常に多くいます。



まさに現代が生んだ病気がストレスです。これが病気の大きな部分を占めているため
心と体を関連づけて診察する「心療内科」がどこでも設けられているくらいです。



冒頭で診察を受けた方は2,3年もずっと耳鳴りが続いているそうです。他の血管など
の病気でもなく、耳鳴りが慢性的にずっと続いている、原因不明。こんな方はかなりの
程度、ストレスが耳鳴りの原因と言っていいでしょう。



ただストレスだからよく休んでくださいね~・・だけだと大変困ります。原因がそうだ
としても対処の方法がよくわからないからです。



原因がストレスは正解でも、ちゃんと対処法を教えてあげなければ意味がありません。
でもストレスを軽減、または解消させて耳鳴りを治す方法ってあるんですよ。




◆ストレスとつながりがあるのは?




qq.jpg




ストレスは注意深く見てみると、あるものとつながっていることがわかります。そう。
睡眠と疲労です。これは別々のものではなく全部つながっているんですね。



ストレスがある。←→ 眠れない。

ストレスがある。←→ 疲労がある。



いかがですか?当たり前のようで「あ、そうだな」と思いませんでしたか?
これが理解できると逆も計算できます。



ストレスがない。←→ よく眠れる。

ストレスがない。←→ 心地よい疲れ。



疲労も疲れすぎると、燃え尽きなどの病気になります。程よい心地よい疲れは質の良い
睡眠を生みます。質の良い睡眠は疲れを取ります。結果、ストレス解消します。
こんなに簡単ではないですが、流れとしてはこんな感じでしょうか。



当ブログはじゃあ運動しましょう、ということではなく、耳鳴りに効果を発揮する
>>簡単なストレッチ法<<をおススメ
しております。まさに効果抜群です。



メニエール病に特に力を発揮し、突発性難聴にも効きます。特に病院で原因不明だと
診断されたり、異常がないと言われた方には試してほしいと思います。いままで何を
やっていたんだろう・・・と思うくらい効果がありますよ。







モーター音の耳鳴りの原因は?誰も教えてくれなかった3つの理由は? [モーター音の原因]


耳鳴りの原因は不明なことが多いのは確かです。というのは耳鳴りは見えないから。
確かな原因がココだとは言えないのが現実です。ただその中でもこれらがそうでは?
と言える部分がハッキリしてきています。


当ブログが指摘する耳鳴りの原因もここに記します。実は心と体に問題があるのです。
今回は以下に耳鳴りの症状の原因をわかりやすく区切ってご説明します。

※問題は長引く慢性的な耳鳴りです。きっかけとなる3つの理由を取り上げます。



m.jpg




◆病気の影響を受けている



他の記事でも書いたように血管や脳神経などの病気の場合、その影響だと言えます。
これらは原因が病気だとハッキリしているので処置が行いやすいです。


病気が原因であれば、それが治れば耳鳴りも治るはずだからです。ただこのブログ
にアクセスしておられる方のほとんどは、このケースはあまりないように感じます。


ほとんどが原因不明であり、病院を受診してもわからない。悪いところはないと診断
されているからです。




◆筋骨格系の歪みの影響を受けている




すぐに思い浮かぶのが「肩こり」「首のコリ」「背中の歪み」などでしょうか。
先ほどの原因が病気だとすれば、こちらは習慣ということになりますね。



耳鳴りは、ほぼ「耳以外」の部分が原因となることが多いようです。耳だから耳と
いうわけではなく、全身の筋骨格の影響が耳に出ることがありうるわけです。



先ほどの例にだした肩や首だけでなく、全身のどこかしらが耳に影響を与えます。
通常、耳鳴りの症状を訴える方が肩こりが酷かったというのは比較的多いようです。



◆耳鳴りが聴こえるという心理的ストレスの影響を受けている




ほぼネットを調べると「ストレス」と書かれています。確かに今日の社会で心理的
ストレスを受けない人はいませんし、確かに「かかわりたくない」などのストレスが
ピークに達した時、耳に影響してきます。



しかし、ここで取り上げるストレスとはそれではありません。実は体験談を語って
くれた耳鳴りの方が「自分で耳鳴りを作りだしている」と言っておられました。
そうなんです、自分で作りだしているのです。



これはどういうことかというと、以下のようなことを皆行ってるはずです。



◎耳鳴りは止まっただろうか?

◎夜寝る時、朝起きるとき、耳鳴りはまた鳴るだろうか?

◎耳鳴りが・・あ~まだ聴こえる

◎いつまで鳴るのだろうか?一生このままだろうか・・?




そりゃ耳鳴りが心配なわけですから、誰もがこんな考えや行動をします。でもそれが
二次的な心理ストレスを出しているわけです。常に耳鳴りを確認する自分がいます。
わざわざ耳鳴りを聞くために耳を澄ませるわけですね。



私たちもないでしょうか?風邪をひきたくないために必要以上に喉を気にしたり
熱を確認したり・・異常がないのに過度に気にするために本当に喉が痛くなるっていう・・・



耳鳴りの場合、脳は学びます。鳴っているのが当たり前の状態にしていくのです。
症状にとらわれることで新たなストレスを生み、更なる疲労に繋がり、いつまでも
耳鳴りが鳴り続けるというサイクルに陥ります。




でも大丈夫です。そんな耳鳴りを漸進的に改善していく治療法をご紹介します。
今すぐに取り組める私が厳選して選んだ方法ご覧ください。



>>1日3分からはじめる均整術 坂本式耳鳴り改善法DVDのレビュー<<







モーター音の耳鳴りの原因は?こんな悪い病気の可能性が!? [モーター音の原因]




モーター音やエンジン音の低音の耳鳴り。ゴーッとかボボボなどの音が聞こえます。
これらの原因って一体なんでしょうか?もしかして悪い病気なのでしょうか?
以下の記事では一般的に言われる原因が果たして信憑性があるのか?


診断名やお薬などを中心に書いていきます。本当の原因についてはまた別の記事で
詳しく書きますが、以下の情報を知っておくと変な情報に振り回されることは、
あまりないのでは、と思います。



by.jpg




◆悪い病気かもしれない?



一般的にブンブンなどの低音の耳鳴りは頸動脈または頸静脈の血流の乱れによって
引き起こされるものだと考えられ、血管の病変かも、と言われます。これは脳に向
かう動脈にコブができるので雑音がするというもの。



中耳に出てくる血管をたくさん含んでいる腫瘍や脳の表にある血管の異常により
生じる脳動静脈奇形(AVM)という疾患もこのモーター音のような雑音を生じさせる
とされています。



この場合、確かに病院(脳神経外科、耳鼻咽喉科)を受診しなければなりません。
この場合の治療法はどれがあるかは以下の記事を参考にしてください。


>>◎○<<




◆お医者さんの言う原因はあまりアテにならない?



bae.jpg



さて血管や脳の病気が原因かも、と書いておきながらなんですが、例えこれが
お医者さんの言っていることでもあまり信じないほうがいいようです。

なぜかというと病院で出される薬のパターンが決まっているからです。



これはどういうことかと言うと、その人の耳鳴りの箇所や原因を特定してそれに
あった仕方で治療が行われるのが普通ですが、どんな耳鳴りであれ、ほぼ出される
薬のパターンが決まっているからです。



ほぼ以下の病名を言われるでしょう。


◎メニエール病

◎突発性難聴



代表例ですね。ただ驚かないでくださいね。この病気といわれるものは
「原因不明」なんです。病院でも○○の原因だからメニエール病だと言われる
かもしれませんが、本当のところ「その可能性がある」というだけです。



つまりメカニズムが解明されて診断に至っているわけじゃないんですね。これじゃ
薬も効くはずがありません。悪い言い方をすると「原因不明」だとかわいそう
だから診断名を○○の病気としているのです。



このような現実が耳鳴りに対する病院の対応です。もしかすると「不明」と
言っている病院の方が正しい対応をしてくれているのかもしれませんね。





◆耳鳴りの薬の処方はメチャメチャ



rw.jpg



例えば突発性難聴と診断されたとしましょう。この場合ステロイドが出されます。
真意は神経に炎症が起きているのでは?という理由からです。あくまで推測です。



しかしこれが効かなかった場合以下の薬を処方されます。


◎メチコバール(末梢神経改善)

◎アデホスコーワ(血流の促進)

◎デパス(精神安定)



炎症じゃなかった、では血流や神経の低下が原因ではないか?と考えます。
そこでアデホスコーワ、メチコバールなどが投与されます。これがおかしい。


神経の興奮を鎮める薬を投与した後に、神経を促進させる薬を投与する・・・
お医者さんが迷走していますよね?これが体のバランスを複雑にさせている
のでは?とかんじずにはいられません。






モーター音の原因 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。